15 醤油発祥の地、湯浅町から走る紀伊水道コース(湯浅町)(和歌山)
★★★★★
★★★★★(0.0)
コースレポート投稿

和歌山
コース番号 15
コース名称 醤油発祥の地、湯浅町から走る紀伊水道コース(湯浅町)
コース距離 15.4km(高低差47m)
スタート地点 JR 湯浅駅
コース路面タイプ ロード

湯浅は熊野街道の宿駅として発達し、醤油が商品として誕生した地としても有名。その湯浅の伝統的な街並みと美しい海岸線を楽しむコース。JR湯浅駅をスタート。立石茶屋近くの道標は、熊野古道を往く旅人の道案内で天保9年に建てられたもの。その先は、近世から近代にかけての伝統的な建造物が残るエリアへ、さらにリアス式海岸の海岸線が続く西有田県立自然公園へと進む。トンネルから一時内陸を走るが、その他は小刻みな起伏のある紀伊水道の海沿いの道を走る往復コース。

投票期間は終了しました