17 9500年前の集落遺跡。上野原縄文の森コース(霧島市)(鹿児島)
★★★★★
★★★★★(0.0)
コースレポート投稿

鹿児島© K.P.V.B.
コース番号 17
コース名称 9500年前の集落遺跡。上野原縄文の森コース(霧島市)
コース距離 2.8km(高低差35m)
スタート地点 上の原縄文の森駐車場
コース路面タイプ ロード

国内最古で最大級の集落遺跡である上野原縄文の森は、霧島市の東部、標高約250mの台地にある。約9500年前の大規模な定住集落跡である国指定の史跡・上野原遺跡が保存されている。日本の歴史公園100選に選定された上の原縄文の森と、技術系企業が集合する上野原テクノパークの周囲を走る。1周2.8kmでコースはフラット。走った後は、ここでしか見られない公園内の遺跡をぜひ見学したい。テクノパークの展望台からは、霧島市街や桜島、霧島山が一望できる。

投票期間は終了しました